設計・監理について

既存住宅状況調査について

既存住宅状況調査について

既存住宅状況調査技術者の講習を受けてきました。有限会社ユウでは既存住宅の状況調査も承っております。

既存住宅状況調査とは

平成30年4月から既存住宅の売買時に、「既存住宅状況調査」に関する説明が義務付けられます。既存住宅状況調査の実施は、登録機関の講習を修了した建築士のみに認められています。誰でも出来るわけではありません。

国土交通省の発表によりますと下記のようにあります。
平成28年3月に閣議決定された「住生活基本計画(全国計画)」において、既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するため、建物状況調査(インスペクション)における人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めることとしています。
平成29年2月に創設した既存住宅状況調査技術者講習制度を通じて、既存住宅の調査の担い手となる技術者の育成を進めることにより、宅地建物取引業法の改正による建物状況調査(インスペクション)の活用促進や既存住宅売買瑕疵保険の活用等とあわせて、売主・買主が安心して取引できる市場環境を整備し、既存住宅流通市場の活性化を推進してまいります。

TVなどで空き家が多くなってきて問題だって報道していますよね。
諸外国では当たり前のように流通している既存住宅を日本としても同じ状況にしたい。新築も良いけど、限りある資産を活かして既存住宅にも同じように価値を持たせたい。という思いがあります。
どうしても既存住宅というと古い、汚い、、、という既成概念があると思いますが
その際に講習を受けた建築士が見て判断してくれていれば安心じゃないですか?さらに保険に加入したらもっと安心ですね!という事を国策として取り組もうとしています。

弊社では登録機関の講習を受けた建築士がおりますのでお気軽にご相談ください。

既存住宅状況調査に関するお問合せはこちら

ユウアーキテクト・リアル株式会社
神奈川県三浦郡葉山町一色1892
Tel.046-877-1027
Mail:info@you-architecture.com

お問い合わせフォーム